FC2ブログ

被対戦でボコボコにされないためには

※これは4月戦記事ではありません



燕の巣宛てにこんなコメントが届きました。

> 被対戦でボコボコにされました。
> どうすればいいでしょうか?


普通に返そうと思ったのですが、長くなる上に、裏戦国を攻略した上で通信合戦に取りかかる中級者向けアドバイスそのものになりそうなので記事にします。

この記事は少し抽象的です。具体的な方法ではなく、取り組み方について書きたいと思います。


裏戦国を攻略して、いざ通信合戦!とは言ったものの、最初は皆被対戦でボコボコにされます。それはもうサンドバックのように。
また4月戦は大変盛り上がり、古参が大集結し、全体的に被対戦敗数が多くなりました。
そのため、まずは被対戦でボコボコにされるのは当たり前のことだったという認識をもちましょう。

ここで忘れてはいけないのは対戦の重要性です。対戦>被対戦です。勝てなければ点はもらえません。
でももちろん被対戦も重要。

そしてその対策ですが、プロセスは単純!
これを根気強く続ければ必ず被対戦成績は向上します。

①戦術を知る
②兵を集める
③参戦する
④結果を元に反省


1つずつ見ていきましょう。

①は、対戦・被対戦両方の戦術を指します。被対戦を強くしたいのに対戦も?と思うかも知れませんね。

しかし、対戦の戦術を知ることは、被対戦の戦術を組み立てる上で最も重要です。
なぜならば、被対戦とは対戦を受けることに他ならないからです。
特に今は多彩な戦術が存在しており、それぞれの戦術に対応できなければ良い被対戦成績は残せません。

でもまずは被対戦の基本から。
被対戦戦術の基本をまとめたページさんの記事を読みましょう。平易で、必要十分の内容が載っています。

対戦戦術に関しては当ブログの右のリンクバーから、または直接検索して対戦動画を手当たり次第見てみると良いでしょう。
戦じゃんは、ユーザー数の割に動画投稿者が異常に多いです。大いに参考になるでしょう。

また、新wikiにも戦法解説が載っています。

軽く主要な戦じゃん動画リンクを紹介

gdgd通信対戦記
おじゃまホワイトさんの端釣り動画集。端釣り対策はこの動画を見るに限る。

はるん
騎馬釣り・影釣りで上位陣全てを撮影しています。献身的すぎる・・・
これを見れば上位軍の陣形も全て分かります。はるん軍対策もお手の物!

進撃の燕2nd
私の自狙動画集。これを見れば自狙とは何かが大体分かる(ただし拙い)。

他にも自狙は日雇いさん、187さん、ページさんが動画投稿しています。右のリンクバーからぜひ覗いてみて下さい。自狙はなぜか動画が多いですが、最初のうちは自狙よりも釣り対策に重点を置いた方が成績は向上しやすいです。

さらに、最近は自らの被対戦陣形を、目論見とともにブログで公開している軍もいます。これらも参考になるでしょう。こちらも右のリンクから見られます。
ただし、これらの軍は基本的に兵力が既に相当高水準になるので鵜呑みにするべきではないです。
考え方は参考になるでしょう。一般論を混ぜているものもあります。


①を終えたら、兵を集めましょう(②)。今の自分には何が足りないのかを理解し、拠点を巡りましょう。
特に、忍者・騎馬・鉄砲・鉄壁見切兵は軍の根幹を成します。重点的に探しましょう。
また、出た兵を活かすのも大事なので、あまり計画に縛られずゆとりを持つのも重要です。

例えば結界は狙ったら必ず出るような代物ではないので、出たら使う程度の考えの方が楽です。

そして陣形を組みます。

1つ大事なことを。
「なぜその兵をその位置に置くのか」を自分で言えるようにするのが上達の近道だと自分は思います。
理由は後付けでもいいです。


そして参戦しましょう(③)。
9999点が取れる範囲に到達すれば多くの軍が戦ってくれます。

10万点を超えれば上位軍のほぼ全てから被対戦を受けることができます。

被対戦敗の数字は雄弁に被対戦の実力を語ってくれるでしょう。多少のブレはありますが。

ここで大変おすすめなのが、動画撮影を誰かに依頼することです。
こうすることで勝ち負けの数字だけでは分からない対戦の中身が見られます。
自分の目論見がうまく行っているか確かめてみましょう。
予想外の働きをしている兵が見られたりもします。

ブログで募集していることが多い(4月の自分もそう)ので、恐れず積極的に依頼してみましょう!
皆人の役に立ちたくてやっている優しい人ばかりなので臆する必要はありません。


こうして結果をフィードバックし、次に活かします。(④)


これを繰り返せば被対戦は万全の状態へと向かうはず。向かわなければ理由を考えましょう。


ムズカシイ・・・そう思ったあなた、朗報です!
これら4ステップを助言を無限に得ながら効率的に、楽しく、できます!!!
そう、「戦国じゃんぶるチャット」なら。
このゲームは継続率が異常に高く、古参の方がここに常駐しています。
新参の方ももちろんいます。

通信合戦で名前を見る人のほとんどがここにいます。恐ろしい・・・
自分も5年前からいます(長過ぎぃ!でももっと古参の人も・・・)

別に入室を強制するわけではありませんが、ブログや動画だけでは得られないホットな情報が集まっており、またリアルタイムで疑問が解決し、色んな人の兵(自慢)を見れられるのも楽しいです。
優しくてお節介な人ばかりなので、気軽に入室してみてください!

最後はチャットの宣伝になってしまいましたが、いかがだったでしょうか
被対戦は本当に奥が深いです。
ランクインして被対戦敗を0に抑えた軍は見たことがありません。被対戦探求には終わりがありません。
あなたも、「俺的最強陣形」で周りを打ち負かし、戦じゃん史に名を刻んでみませんか?





スポンサーサイト



2020.3月戦被対戦陣形考察 後半

反省会やっていきましょう
まずは真ん中(A,C)騎馬釣りのはるんさんから!
※ABCDというのは柵で区切られたスペースを上から順に名付けたものです

つばやんとの対戦は5:29から


まずは見事Cルートのエサを迎忍→やしろー→前出し遠射の順に侵入阻止してますね

おかげで下側の埋め砲を残すことに成功します

これにはつばやんもニンマリ


Aルートのエサを封じ込めて撃退、とはならず 運が良ければデッドスペースで殺れたかな

エサ退却時点で敵騎馬体力62 作戦鉄砲のおかげで20削れてます

作戦鉄砲はやはり強い


敵騎馬が待機兵を釣りに行くと、そこには自慢の技116膂連脚1迎狙が

浮上に時間がかかるおかげでまだ深い位置にいました

そして持ち前の連射力により、騎馬の特殊攻撃と迎狙の特殊攻撃が同時に起き、騎馬の特殊攻撃が発動せず(!)

確かに自分の下位消化の影釣りでも似た現象があった気がします これはラッキー

その間残った待機砲が反応し、しっかり埋めも崩れず残っていたため釣り切れず2度釣りへ

しかし残った鉄見兵や帰ってきた守迎兵、待機砲により撃退 ここで討ち取りたかった...!

もう少し火力が高ければ討ち取れてたかもしれませんが、偶然突っ込んでいた槍に作戦鉄砲のターゲットが向いてしまったのもあり、無念


それでもこれは勝ったでしょ!!




と思いきや2回目の釣りであっけなく陣攻撃

突忍上固めの弊害が出て、忍者が上側に集まってしまっていました


まあ大体狙い通りのことが起きていたので満足でした

2回目の釣りで負けるのはしゃーない

はるんさん撮影ありがとうございました!




お次は上自狙のページさん

なんと初実況の相手となりました!



今回相当自狙対策をしたつもりだったのでこれは負けたとしても超接戦のはず...

と思ったのもつかの間、先行隊に埋め砲反応→先行隊をやしろーが吹っ飛ばす→埋め砲外れるという最悪の事態

どうしてだよおおおおおおおお


埋め砲が外れてはせっかくの対策も水の泡

そして自操作を制限するはずだった脚4武将は作戦鉄砲に引っかかって中々前に出て来ず

出てきたときには他の兵といっしょにまごまごして全然自操作に届かず

どうしてだよおおおおおおおおおお


釣った兵を討ち取るフェーズに突入するわけですがここでうちの結界が本隊から離れてしまう

頼平太(体46脚6忍)が粘るも、ずっと被弾してたのもあってあえなく撃退

当然一般兵は木っ端微塵に討ち取られる

しかしここで先行隊とじゃれていたうちの突忍が進行を阻止

43突影が一回撃退されてすぐ復帰するなど粘るが陣前はガラガラ 敵結界が陣攻 この時点で負け確


その後作忍3体のおかげで(やしろーは早々に討ち取られました、許されない)陣攻数は抑えられたものの、しっかり全凸後の陣攻も食らい、完敗


埋め砲が外れることを考慮していなかった...悔しい結果でしたが大変参考になりました

もしも埋め砲がちゃんと効いていたら最後作忍が粘って勝てていたかも知れませんね、たらればですが 作忍つよい


ページさん撮影ありがとうございました!





以上で被対戦陣形考察を終わります、疲れた~~

頼平太:ところでこの記事って誰得?自分が書いてて気持ちいいオ●ニー記事ですか?

・・・他人のを見るのもまた一興でしょ?(は?)


こんな記事が何かの為、または読んでいて楽しい物だったら幸いです

前後半見てくださった方は大変お疲れ様でした、僕も疲れました(いや、知らん)


皆さんもオレ流被対戦術とか是非是非教えてくださいな

それでは~


2020.3月戦被対戦陣形考察 前半

過去最高の被対戦成績を出すことができた2020.3月戦

どんな陣形をどのように考えて組んだのかについて書こうと思う

正直運要素も大きかったような気もする


0.コンセプト

真ん中釣りと上自狙を潰す
他戦法も幅広くカバーする
T字型陣形!!!

(幅広い守備範囲を持ちながら専門にも特化している人間を表す用語であるT字型人間から)


1.作戦設定
黒:突撃 赤:迎撃 青:守備 無印:待機
2020 3月戦被対戦陣形 作戦

突忍を上に固めることで、端分離に対し、外れば陣攻が狙え、当たれば処理に時間がかかる また下釣りに対し、退却したエサ忍及び作忍がこの突忍を追っかけて上側に固まるので、待機忍がいなければ下から忍者を流し込むのは困難になる 但し上釣りには脆くなる

脚3迎砲と脚1迎狙で機動力に差をつけることで、「戻りの速さによる陣攻阻止」「浮上の遅さによる時間稼ぎ」の両立

守迎兵を浮かす端釣りに対し、作戦鉄砲が浮ききるまで時間がかかる様に陣奥かつ柵に引っかかる位置に配置

やしろー(守備騎馬)が陣形を荒らし埋めを崩さぬよう、作戦鉄砲で陣を覆う

真ん中釣りに対してエサ忍の侵入を防止し、最後列の待機砲撃を釣られないように
①迎忍+迎狙、砲②守忍、やしろー、守砲③前出し待機遠射、3列目待機裏連砲
三段構えで迎え撃つ


2.待機兵
白:鉄見 オレンジ:3段重ね
2020 3月戦被対戦陣形 アップ 鉄見

・外を鉄見、中(埋めの下)を非鉄見

砲撃を上に重ねることで、自狙に対し陣前端2マスを釣らさせない

自狙に対して最初に釣る兵脚4(1体脚3)武将脚4焙烙砲撃の三択に絞らせる 脚4武将自操作にアタックして動きを制限する働きがある 焙烙砲撃は言わずもがな自操作に直接ダメージを与えることができる

最後列の両端に待機砲撃を置く釣り対策の王道 真ん中釣り、端釣りの双方に釣られにくく、上手くいけば待機砲撃を残すことができる

埋めの周辺に兵を置かないことで、埋めを長持ちさせる(近くの兵が動くと埋めが崩れる原因となる)

武将を3列目に3体配置し、柵前(8列目)まで号令範囲を届かせ、作戦鉄砲にぎりぎりまで号令を被せる

上下端釣り対策として、①は槍術、焙烙、前出し遠射、3列目裏連 は弓矢、焙烙、前出し遠射でエサ忍を抑える→②陣前の待機焙烙、反対側の待機砲撃、埋めを残させる→③処理に時間をかけさせ、その間に守迎兵の帰還や勝手に忍者が突っ込むなどの事故を狙う

・2列目を空白にして3列目を鉄見兵で覆うことで、自操作影の釣り分離に対し釣らせる兵を最小限にする




こうやっていつも熟考して陣形を組んでます

斬新なアイデアはないけど、それぞれの配置にはちゃんと意味があるんです

机上の空論に終わって空回りなこともしばしばありますが...

だからこそ、実際に対戦動画を撮ってもらったり感想を聞いたりして机上の空論を理論に置き換えていく必要があるのです

ね、楽しいでしょ?※楽しみ方は人それぞれです


後半は自狙のページさんと真ん中釣りのはるん軍さんに撮ってもらった動画を見ながら反省会をします

裏戦国を完全放置してみる。

戦じゃん界の真のボス、裏戦国。

そんな拠点の最終目標を、完全放置で叩こうというのが本記事の目的です。





実は1週間ほど前、裏放置の解説実況動画をあげています。

これは完全放置です。 SボタンもAボタンも押しません。押すのは裏戦国だけです。


これには大きなメリットがあります。
・別作業中に裏戦国を狩れる!
・ある程度負けることは織り込み済みなので気が楽!
・操作が楽!(というか放置)
・あんなに悪戦苦闘した裏戦国を放置で勝つのが快感!


とりあえず倒したい!という方はこちらのwikiを参照してください→第2章:中級者攻略 〜裏戦国攻略まで〜


↓↓↓↓詳しいやり方はこちら↓↓↓↓

続きを読む

2016.9月戦 被対戦陣形考察part1 ~VS端釣り編~ 

被対戦の評価って自分じゃ難しいです。

自分で見えるのは何敗したという事実だけ。

どういう過程で負けたのか、勝ったのか。自分のどの兵が活躍してどの兵が役立たずだったか。
どの配置が効いていてどの配置がいけなかったのか。


それが分かっちゃうのが、対戦動画!

今月はなんと2戦も撮っていただきました!


ただ見るだけではもったいない。そうだ、ここで考察しよう!



頼平太:…これ、5月もやりましたよね?それにこんなgdgd前書きしてたら見てる方が飽きちゃいますよー



そうだな、じゃあgdgdせずに本題に……ん、gdgd…

そう!あのgdgd通信体験記が半年ぶりに復帰しました!


gdgd通信体験記とはおじゃまホワイトさん(軍団名:デス スターズ 以降ホワさん)が定期的(不定期?)に撮影している対戦動画。
10万点を超えていて20位以内の軍団を、実況しながら対戦していく動画シリーズのことです。


自分はその圏内にいたため、動画が出ています!

【実況】おじゃまホワイトのgdgd通信対戦記 part42【戦国じゃんぶる】

(スーパーつばやん戦は冒頭。後付け解説は12:22から)


うーん…エサ忍を押し込んだのはいいけれど撃退しきれなかったのが大きかったです。

あそこで撃退できていれば時間を稼いだ上に釣りなおさなければならなくなるので勝機はあったと思うんですが…。


やはり火力不足ということなのでしょう。悔しい


今動画でも言われているのですが、各軍のレベルが高い。とにかく高い。

鉄見兵を集めておくなんて当たり前。

ぎりぎりの接戦に持ち込んだとしてもその先の兵力(火力等)がなければ負けてしまう。


陣形が完璧だったとはもちろんいえないにしても、兵力を磨いていかなければならないなと気づかせてくれた動画でした。

ホワさん、ありがとうございました。





実は今回、ラララコッペパンさん(以降コッパさん)に陣形を考察してもらいました!

その記事がこちら→http://rararakoppe.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

被対戦対戦ともに定評のあるコッパさん。また戦法はホワさん同様端釣り。
自操作はホワさんが忍者(影走)なのに対しコッパさんは騎馬。

同じ端釣り勢ではありますが、また違った意見を得ることが出来ました。


挙げられた悪い点を挙げると、

①守備遠射不要

②陣攻時に邪魔にならない真ん中槍

③中途半端な前出し虚報

④釣り残った陣形がコンパクト


まず①について。
先行隊をそのまま突っ込ませるタイプの併用型分離(燕返しや自狙など)対策で置いたのですが、少なくとも守迎兵をいったん浮かせる端釣りにはほぼ無意味だったのでしょう。併用型対策だとしても中途半端だと厳しい指摘を受けました。
そもそも鉄砲以外の守迎兵は守備騎馬と作忍で十分事足りるのかもしれないなと思いました。

次に②について。
自操作狙撃対策も兼ねておいた槍。ただ釣り対策的には陣攻コースにかぶっていなかったためダメだしされてしまいました。

③は失策ですかね…もうちょい端に置いた方が良かった気がします。

④については騎馬釣りならではのご指摘。騎馬の特殊攻撃の効果範囲は広いので多少ばらけてた方が釣られにくいのです。
ただこの点については他戦法(自狙、忍釣など)対策でもあったのでまぁいいでしょう。



考察記事、執筆に時間がかかり更新が遅れてしまいました。すいません。

part2も書く予定ですが遅れるかもしれません。


指摘、質問等あればコメントしていただけるとうれしいです。

ホワさん、コッパさんありがとうございました!


それでは~

続きを読む

検索フォーム
リンク