スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.9月戦 被対戦陣形考察part1 ~VS端釣り編~ 

被対戦の評価って自分じゃ難しいです。

自分で見えるのは何敗したという事実だけ。

どういう過程で負けたのか、勝ったのか。自分のどの兵が活躍してどの兵が役立たずだったか。
どの配置が効いていてどの配置がいけなかったのか。


それが分かっちゃうのが、対戦動画!

今月はなんと2戦も撮っていただきました!


ただ見るだけではもったいない。そうだ、ここで考察しよう!



頼平太:…これ、5月もやりましたよね?それにこんなgdgd前書きしてたら見てる方が飽きちゃいますよー



そうだな、じゃあgdgdせずに本題に……ん、gdgd…

そう!あのgdgd通信体験記が半年ぶりに復帰しました!


gdgd通信体験記とはおじゃまホワイトさん(軍団名:デス スターズ 以降ホワさん)が定期的(不定期?)に撮影している対戦動画。
10万点を超えていて20位以内の軍団を、実況しながら対戦していく動画シリーズのことです。


自分はその圏内にいたため、動画が出ています!

【実況】おじゃまホワイトのgdgd通信対戦記 part42【戦国じゃんぶる】

(スーパーつばやん戦は冒頭。後付け解説は12:22から)


うーん…エサ忍を押し込んだのはいいけれど撃退しきれなかったのが大きかったです。

あそこで撃退できていれば時間を稼いだ上に釣りなおさなければならなくなるので勝機はあったと思うんですが…。


やはり火力不足ということなのでしょう。悔しい


今動画でも言われているのですが、各軍のレベルが高い。とにかく高い。

鉄見兵を集めておくなんて当たり前。

ぎりぎりの接戦に持ち込んだとしてもその先の兵力(火力等)がなければ負けてしまう。


陣形が完璧だったとはもちろんいえないにしても、兵力を磨いていかなければならないなと気づかせてくれた動画でした。

ホワさん、ありがとうございました。





実は今回、ラララコッペパンさん(以降コッパさん)に陣形を考察してもらいました!

その記事がこちら→http://rararakoppe.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

被対戦対戦ともに定評のあるコッパさん。また戦法はホワさん同様端釣り。
自操作はホワさんが忍者(影走)なのに対しコッパさんは騎馬。

同じ端釣り勢ではありますが、また違った意見を得ることが出来ました。


挙げられた悪い点を挙げると、

①守備遠射不要

②陣攻時に邪魔にならない真ん中槍

③中途半端な前出し虚報

④釣り残った陣形がコンパクト


まず①について。
先行隊をそのまま突っ込ませるタイプの併用型分離(燕返しや自狙など)対策で置いたのですが、少なくとも守迎兵をいったん浮かせる端釣りにはほぼ無意味だったのでしょう。併用型対策だとしても中途半端だと厳しい指摘を受けました。
そもそも鉄砲以外の守迎兵は守備騎馬と作忍で十分事足りるのかもしれないなと思いました。

次に②について。
自操作狙撃対策も兼ねておいた槍。ただ釣り対策的には陣攻コースにかぶっていなかったためダメだしされてしまいました。

③は失策ですかね…もうちょい端に置いた方が良かった気がします。

④については騎馬釣りならではのご指摘。騎馬の特殊攻撃の効果範囲は広いので多少ばらけてた方が釣られにくいのです。
ただこの点については他戦法(自狙、忍釣など)対策でもあったのでまぁいいでしょう。



考察記事、執筆に時間がかかり更新が遅れてしまいました。すいません。

part2も書く予定ですが遅れるかもしれません。


指摘、質問等あればコメントしていただけるとうれしいです。

ホワさん、コッパさんありがとうございました!


それでは~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。